2021年3月19日 (金)

冥加訓塾「五斗味噌・塩こうじづくり体験学習会」の開催(日商「観光・体験商品の販路開拓支援事業」)

地域遺伝子の継承と体験型観光商品の販路開拓

令和2年度 冥加訓塾「食と健康」五斗味噌・塩こうじ作り体験学習会が令和3年3月13日(土)竹田市次倉「宝農園」加工所にて、開催されました。岡藩(現竹田市)江戸時代の指南書本「冥加訓」において、「食と健康」について記述されている内容に基づき竹田の歴史文化に欠かせない地域素材(米ぬか、岡大豆等)を用いての五斗味噌作り体験を行うことにより、歴史文化の継承、人材育成、更なる個々の食事業に対しての新規開発、質の向上を目指すことを目的とし、今回で3回目となりました。開会に際し、竹田商工会議所冥加訓事業「食と健康」プロジェクト代表の井上 隆さんより、備前岡山藩から、岡藩へ招かれた関一楽が、岡藩江戸時代に藩校「由学館」となる家塾「輔仁堂」を開き、藩士の教育にも携わり、国を治める心構えや人生訓まで書かれている「冥加訓」の教えを書き上げた関一楽は、医師であることから「食と健康」について記載しており、この教えの中に「朝夕の食事にも心を配り扶持米を少なく嘆くのではなく、つぎ減りする量が元々あるというように思いを定め、汁は塩汁や糠味噌汁を止めて、五斗味噌を食べようにすることです。五斗味噌の作り方は米糠5斗、大豆1斗、米麹3升、塩5升をつき合わせ熟成すること」などが書かれていること、その中にある健康成分が100年生きる源となること、一汁一菜の健康食の大切さなど「食と健康」についてのお話をとり混ぜ、ご挨拶を頂きました。

引き続き、冥加訓を読む会代表の本田耕一さんより、「岡藩と岡大豆」についてのお話を頂きました。関一楽は、三十日間発酵させた五斗味噌を推奨し、過食を戒めた一汁一菜の食生活や、現在の生活習慣病予防と同じ薄味塩分を控えること、発酵食材の健康性について、また、岡大豆の成分、味噌活用のすすめなどについての講和を頂きました。                  

その後、五斗味噌・塩こうじ作りにおける体験(作成手順等についての説明)についての説明を、冥加訓塾 五斗味噌づくり事業実行委員長の吉良正治さんにしていただき作業に取り掛かりました。米糠を大釜で煎り、糠、糀、塩、大豆(岡大豆)を取り分けたのを容器に入れ、直に手でもみ潰し、仕上げに臼と杵を使いもみ込み、味噌樽容器に移し替え押し固めていきました。(10容器(5k)作成)終了後、皆さんで作った五斗味噌を汁にし、しいたけの混ぜご飯、岡大豆の煮豆などの料理を頂きました。初めて参加して頂いた4名の方より、大変貴重な体験だった。楽しかった。食と健康が心と体にとって生きるための重要なことだとあらためて感じたなどの感想を頂きました。また、参加の皆さんより、今後も継続して、多くの皆さんに善いことを教えてください。是非、来年の開催を楽しみにしていますとのお言葉を頂きました。

 ※藩政改革に活かされた冥加訓の訓え・・・延享元年(1744)に就任した久貞は江戸から中沢三郎左衛門(末裔:里見雄二氏)を起用して延享の改革を遂行し、その政策は因習を打破しての思い切った改革で十年を一区切りに終了しています。その中で農業改革では畑作地帯という岡藩の高地性に着目して米穀に次ぐ農産物として大豆の植付けを奨励し、「岡大豆」としてブランド化に成功。米とともに集荷され大坂へ「年貢大豆」として流通させるようにしました。この結果、米と同等の価値をもつようになり藩の財政も向上していくと同時に大豆と糀を使用した食品は関一楽(幸甫)の指導の下、領民の健康維持につながったと思われます。

岡藩江戸時代の指南書「冥加訓」に書かれていた手法で再現した「五斗味噌」です。大豆は、岡藩江戸時代の地域遺伝子を繋いできた貴重な「岡大豆」を使用。

今回参加者15名。(体験料として材料含む持帰り5k 4,000円(容器込み)食事代1,000円。)

内、参加事業者:トラベルイン吉富(一汁一菜)・宝農園(味噌、こうじ)・工房あゆか(農産加工品)ハッピーアートカンパニー(情報発信・イベント構成等)

内、竹田市民参加9名

※令和3年4月5日(月)に熊本県南阿蘇より10名の方が体験研修に参加予定

令和3年3月13日(土)9時30分~竹田市次倉「宝農園」にて五斗味噌・塩こうじ作り体験写真

Dsc_1023

2021313

続きを読む »

2020年6月 4日 (木)

心の旅「冥加訓ブランドに冥加の心を伝導する」

◎竹田商工会議所 冥加訓事業の取り組みについて

事業の内容/概要 

・地元・大分県竹田市の郷土史研究者が磯田道史著書『無私の日本人』を拝読し、その中の「穀田屋十三郎」を読み、文中に「冥加訓(みょうがくん)」の訓えが浅野屋の家訓として重要な役割をはたしていたことが記載されており、「冥加訓」を調査したところ、私たちの住む旧豊後岡藩、現在の大分県竹田市で藩政時代に岡藩儒者で、家塾「輔仁堂」で塾頭を勤めていた関一楽の著作であることが判明しました。その冥加訓が映画「殿、利息でござる!」となり大ヒットしました。旧岡藩で藩士らの教育に尽くした関一楽の書「冥加訓」は、国を治める心構えから人生訓、食と健康などが記されており、冥加訓体験型の観光ガイドコースとして、竹田の偉人たちが「冥加訓」を学び影響を受け、残した功績をたどりながら学ぶ旅とし、市外から訪れる観光客の皆様に対して冥加訓散策ガイドコースを策定し、実証実験を行い、教科本の試作品を作成し今後の製本化に向け案内してきました。

Photo

冥加訓教科本書籍出版発表会及び冥加訓研修会を開催(3月3日)

竹田市の竹田商工会議所(佐藤春三会頭)は岡藩儒者、関一楽(1644~1730年)の思想書「冥加訓(みょうがくん)」の現代語訳版を幼児向け、小中学生向け、高校大学生向け、夫婦、親子、高齢者そして企業の人材育成向けに作成。弱い者を守り、力を持つ者が富を分けて格差を是正する大切さなどを記している。企業の研修や子どもの教育に活用してもらうほか、「心の教育ができる竹田」として、道徳による町おこしを視野に入れる。ということで9冊1セットとしています。現代語訳や内容は、冥加訓事業において、専門家招聘させていただいた「冥加訓を読む会」の方々が担当しました。代表して本田耕一さんに「分かりやすく正確に伝えられるよう、試行錯誤を重ねた。田能村竹田や小河一敏らが自己研鑽に役立てたとされる本を現代に生かそう」と述べていただきました。今後、整備を重ね学校教育教科本として市教育関係先を通じ、市立図書館や各関連観光交流施設、各学校へ配布の予定です。

〇冥加訓の「食と健康」五斗味噌作りの開催 (3月7日)

参画事業者の「宝農園」吉良正治氏加工所にて冥加訓五斗味噌づくりを実施しました。最初に食と健康プロジェクト井上隆委員長の五斗味噌の講和を行い、宝農園吉良正治さんの五斗味噌づくりの行程を聞きながら作業に入りました。五斗味噌の作り方は米糠5斗、大豆1斗、米麹3升、塩5升をつき合わせ熟成すること」などと健康と食について詳しく説いています。以上のように、冥加訓において「食と健康」について記述されている内容に基づき竹田の歴史文化に欠かせない地域素材(米ぬか、岡大豆等)を用いての五斗味噌作り体験を行うことにより、歴史文化の継承、人材育成、更なる個々の食に対しての新規開発、質の向上を目指すことを目的とし、15人の皆さんが参加しました。

Photo_4 

2019年4月15日 (月)

キャシュレスセミナーの開催

H31.3.26キャシュレス決済の最新動向と導入へのポイントと題しキャシュレスセミナーを開催しました。電子マネー、クレジットカード、QRコードなどを利用したキャッシュレス決済について、身近になってきましたが、「興味はあっても、よく分からない」という方も多いと思います。支払方法も銀行口座からの決済やクレジット決済、チャージ式など多様化しています。国内におけるキャッシュレス事情を踏まえて、キャッシュレス決済全般に関する仕組みや、導入に関する基礎知識について、分かりやすく解説頂き、受講された皆さんのアンケートによると、とても好評で高い評価を頂きました。

講師:ブリッジソリューションズ(株)代表取締役 阿部 満先生

Dsc_0747

2018年10月30日 (火)

改正消費税対策講演会

10月2日(火)午後6:30分より、「知っておこう 改正消費税対策」と題し、河野公認会計士を講師に迎えてご講演を頂きました。来年10月の消費税率改正に係る軽減税率対策など、具体的な留意点などわかりやすく解説していただきました。

Img_2636

2017年6月19日 (月)

岡城址南面下刈り作業を行いました。

6月17日(土)岡城址南面において大分県建設業協会竹田支部・NTT西日本大分支店・観光接客・金融部会・岡城歴史まちづくりの会・会議所青年部の方々により岡城南面の草刈作業が行われました。当日は天候にも恵まれ、502号線からの眺めがさらに美しくなりました。ご参加いただいた方々、大変お疲れ様でした。

Img_3388_2

Img_3392

Img_3400

2017年4月27日 (木)

竹田市長を表敬訪問

4月26日(水)、竹田商工会議所青年部役員と竹田商工会議所正副会頭で竹田市長を訪問し、6月10日に開催される竹田商工会議所青年部50周年記念の式典及び講演会への協力をお願いいたしました。

冒頭、首藤市長へ佐藤会頭より先に行われた竹田市長当選のお祝いが述べられ、引き続き青年部の都築伸宜氏が50周年の節目として記念式典及び講演会が開催されることについての説明を行いました。

今回の講演会には元プロ野球選手の桑田真澄氏を講師にお迎えすることを報告し、式典及び講演会への協力をお願いしました。

Img_3341

Img_3344

2017年2月10日 (金)

第19回 岡藩城下町 ひなまつり 開催中

第19回岡藩城下町ひなまつりが2月10日~3月5日まで城下町一帯で始まりました。

町内の店舗やギャラリーなど約36ヶ所に、江戸時代からの古い飾り雛やオリジナルの創作雛が展示されています。

開催当日は、竹田創生館にてオープニングセレモニーが催され、しらゆり幼稚園・竹田幼稚園・竹田保育所・荻保育所の園児たちも参加し盛大に行われました。

式では、主催者の井上竹田市観光ツーリズム協会竹田支部長の挨拶に続き、首藤竹田市長の挨拶が行われました。 

 竹田商工会議所女性会では、「ギャラリー旧みすまや」を展示場として期間中無料休憩所として皆様をお迎えしており、オリジナル雛グッズも販売しております。

お気軽にお立ち寄りください。

Img_3281

2016年6月23日 (木)

高山元会頭(現相談役)よりご寄付をいただきました

この度、髙山元会頭(現相談役)は永年の商工会議所の財政基盤強化や小規模企業の経営改善、観光事業の振興等の地元商工業界への発展に尽力された功績が認められ、平成28年春の叙勲において、「旭日双光章」を受章されました。

そのお礼として6月21日に当所に対し、高山元会頭より、「竹田地域の活性化と会議所事業運営に役立ててほしい」と、30万円のご寄附をいただきました。

 佐藤会頭は「高齢化や後継者難を要因とする廃業等により、中心市街地の衰退・空洞化が進む中、会議所重点事業として中心市街地活性化策を積極的に展開、城下町再生に向けて今後の事業に活用させていただきます」とお礼の言葉を述べられました。

Img_2956_2

Img_20160621_101138

2016年4月 4日 (月)

岡城桜祭り「大名行列」開催

4月3日(日)10:30~春の恒例行事 岡城桜まつり 第42回大名行列

豊後竹田駅を出発し岡城址を往復する総勢百余名の大名行列が、心配された雨での中断も無く、無事開催することが出来ました。参加関係者の皆様、ありがとうございました。

Img_1595

2015年7月14日 (火)

日米草の根交流サミット2015・おおいた大会が開催されました

 平成27年7月6日(月)~7月13日(月)の8日間にかけて「第25回日米草の根交流サミット2015・おおいた大会」が開催されました。この日米草の根交流サミットは、日本とアメリカの市民一人ひとりが国境・言葉・生活文化などの違いを超え、友情を深め合うことを目的とし、毎年日本とアメリカで交互に開催されている大会です。今回初めて大分県での開催となり、アメリカから87名の参加者を迎えました。

Img_1080

大会4日目から7日目にあたる7月9日(木)から7月12日(日)の3泊4日間は、メインイベントである県内11の地域に分かれてホームステイをしながら交流を深める地域分科会が実施され、竹田地域分科会には4名が参加されました。城下町散策や岡城址見学、中学生との交流会等市内でさまざまな体験を楽しんでいただき、参加者からは「竹田で素晴らしい体験ができた」「竹田を選んでよかったと思っている」などの感想を頂くことができました。

Photo